Top >  >  食事と水

食事と水

水そのものを飲むという習慣は、日本にはあまり定着していないと言いますが
健康を保つためには水を摂取することが大切です。
疲れを取るには水を飲むことが必要で1日2食の健康法があります。

お茶やジュースを飲む人が多いですが、水分補給に適した飲み物は水です。
身体にいいと言われている緑茶ですが、これは水分補給という目的には適しません。アルカリ性なので胃を荒らすうえ、利尿作用が強いので脱水傾向になると言われています。
飲むとトイレが近くなるうえ、そのあとまたのどが渇く傾向があります。緑茶だけでなくウーロン茶、紅茶、コーヒーも同様に同じ傾向があります。

ジュースはお茶よりさらに悪く、大量の糖分が含まれています。
糖分の摂りすぎによって、血糖値が充分にあがり栄養が不足がちになります。
健康的な食事の量はどんどん減り、それに反比例してお菓子やジュースがどんどん増えるので、早晩、糖尿病になってしまいます。

たくさんの飲料水がある世の中で、何が自分の身体にあっているのか
考えるチャンスではないでしょうか。

関連エントリー

・健康と水の関係性
・水飲み健康法とダイエット
・「朝コップ1杯の水」とは
・自分の身体に合った水選び
・水の飲み方のヒント
・食事と水
・健康への道